Personal tools
You are here: ホーム ニュース

ニュース

ヨーロッパの最新情報等をご紹介します。

連邦政府が総合河川政策を強化

ベルリンで9月11日及び12日に開催された河川流域会議(Flussgebietskonferenz)において、ドイツの河川における利用者間の軋轢(利害関係)について議論された。

2008年10月1日

続きを読む...

CO2 貯留テクノロジーを利用した世界初のパイロットプラント

本年9月9日、ブランデンブルグ州にてマティアス・プラゼック州首相、スウェーデン教育研究省ラルス・ レイヨンボルク大臣出席の中、コトブス市の近くに位置するシュヴァルツェ・プンペ(Schwarze Pumpe)にて世界初のCO2分離回収装置付き石炭火力発電所のパイロットプラントが稼働した。

2008年9月16日

続きを読む...

ドイツにおける輸送用バイオ燃料の動向

バイオ燃料市場(Biokraftstoffmarkt)は、ここ数年の間に経済及び政治において大きく取上げられるテーマとなっている。バイオ燃料はドイツにおける再生可能エネルギーの主流であり、特にバイオディーゼルは軽油市場の1割以上を占めるなど既に国民生活にも浸透している。

2008年9月5日

続きを読む...

ドイツのバイオ燃料割当法について

バイオ燃料割当法とその運用のしくみを概観し、当該割当法が中短期の軽油及びガソリン市場に及ぼす影響を推定する。

2008年9月4日

続きを読む...

治水政策における連邦政府の権限が強化?

2006 年9月1日、連邦と州の権限見直しを柱とした包括的連邦制改革に伴う基本法改正法、及び同改革に伴う法律が発効した。改革実現に必要であった基本法(憲法)の改正は戦後最大規模となった。連邦制改革は、複雑に絡み合った連邦と州の所轄権限を整理し、立法の迅速化を目指す。連邦参議院の承認を必要とする法案の範囲を見直すことで、相対的に連邦議会の権限 が強まった。

2008年9月3日

続きを読む...