Personal tools
You are here: ホーム ニュース

ニュース

ヨーロッパの最新情報等をご紹介します。

インターソーラー2016:大手電力会社も家庭用電池で収益確保へ

2015年には再エネ法(EEG)の枠組みで、野立ての太陽光に対する入札制度が試験的に導入され、合計三回(4月、8月、12月)に実施された。

2016年6月27日

続きを読む...

2011年の世界市場をリードするドイツ企業 ” 隠れたチャンピオン ”

ドイツ企業の99%以上は、”German Mittelstand (ドイツの中小企業・中堅企業)” であり、そのほとんどが同族企業である。

2015年5月5日

続きを読む...

EU委員会がハンブルクの火力発電所の件でドイツを提訴

EU委員会は、ハンブルク市のモーアブルク地区に建設された火力発電所が河川の保護魚種の生態を脅かすとして、ドイツを訴えた。当局は、当初から冷却システムの代替案を検討すべきだったと追求。

2015年3月30日

続きを読む...

ドイツ国内における計画中の火力発電所

ドイツは2020年までにCO2排出量を1990年比で40%削減を目標としている。

2015年3月30日

続きを読む...

フランスが容量市場を設置: ドイツの反応

2015年1月23日、フランスのエネルギー・持続可能開発・エネルギー大臣セゴレーヌ・ロワイヤル氏は、イギリスに次いで、フランスが電力容量市場制度を導入することを発表した。

2015年2月23日

続きを読む...

分散型電源の導入拡大に備えた電圧変動対策: インテリジェント サブステーション

ドイツでは再生可能エネルギーを始めとした様々な分散型電源の普及が進んでいる。分散型電源は需要地の近傍に設置されるため、効率的運用による CO2 排出量削減と送配電損失の低減が可能な上、大型の発電設備と比べて建設期間が短くて済むため、需要変動への素早い対応も期待されている。

2014年7月20日

続きを読む...

風力発電の電力に対する固定価格買取制度の推移−2012年改正REL法

2009年度の再生可能エネルギー法(REL法)において、太陽光発電(PV)の固定価格買取制度が昨年7月と10月の二度にわたり改正されたが、本年7月に同法の全面的な改正が連邦議会で決議された。改正されたREL法は2012年に施行される。風力発電に対する固定価格買取制度(FIT)について2012年からの推移を以下に紹介する。

2013年11月19日

続きを読む...

再生可能エネルギー導入に伴う電力系統強化の代替案 “Power to Gas”

ドイツは、2020年までに国内の最終消費エネルギーの35%を再生可能エネルギーで賄うことを目標としており、風力・太陽光発電の拡充から、バイオマスや燃料電池による分散型電源まで多岐にわたり積極的な姿勢を見せている。しかし、国内消費電力に占める再生可能エネルギーの増加(12.5%/2011年度)に伴い、その大部分を占める風力・太陽光発電(EEGで占める割合: 風力39.9%、太陽光15.7%/ 2011年度)の弱点である供給変動がグリッド(電力系統)に負担をかけるようになってきた。

2013年8月8日

続きを読む...

ドイツの燃料電池産業 – 2020年に向けて数十億ユーロの売上予測 –

ドイツの燃料電池産業は、2013年に、暖房機器および小規模発電装置で、数億ユーロの売上げを計上。

2013年8月8日

続きを読む...

再生可能エネルギー法 (EEG) – EU 競争法に抵触か –

EU 委員会はドイツの再生可能エネルギー法 (Erneuerbare Energie Gesetz) が、EU 競争法に抵触しているとして本格的な調査に踏み切ると発表した。売上高に対する電力コストの割合が高い、いわゆるエネルギー集約型企業に対する例外措置が、その対象となっていた企業に不当な競争優位を付与していたとするものである。ドイツ企業は、数十億ユーロにのぼる追徴金支払いを迫られる可能性がある。

2013年7月30日

続きを読む...