Personal tools
You are here: ホーム ニュース

ニュース

ヨーロッパの最新情報等をご紹介します。

持続的な生産が求められる発電用及び燃料としてのバイオマス

2010年7月1日より、バイオ燃料や発電に利用される植物油に対し、原料の持続的な生産が証明されなくてはならない。

2010年4月30日

続きを読む...

再生可能エネルギーの記録的成長が原子力発電を圧迫?

再生可能エネルギーの成長は予測を上回り、現在すでに原子力発電による生産電力の送電網への供給が一時的に不可能な事態が、時々生じている。

2010年4月25日

続きを読む...

経済成長加速法におけるバイオ燃料の税金

経済成長加速法(第13条)には、純粋なバイオ燃料に対するエネルギー税に対し、ニートなバイオディーゼル(B100)及び植物油燃料に適用されている現行の税金18.Ct/リットルを2012年12月31日まで一律に凍結することが盛り込まれた。

2010年4月24日

続きを読む...

緑の党は原子力発電所の稼動期間延長を阻止

緑の党は、原子力発電所の稼動期間延長するというキリスト教民主・社会同盟 及び自由民主党 による連立与党の政策に対し抵抗すると表明した。

2010年4月9日

続きを読む...

太陽光発電に対する新たなFITが閣議決定

レットゲン連邦環境大臣:「ダイナミックな太陽エネルギーの拡充が確実に」

2010年4月8日

続きを読む...

ドイツにおける原子力発電所の稼働期間を延長した場合の経済的効果

ドイツ産業連盟は、原子力発電所の稼働を延長した場合の経済的な効果に関する調査報告書を本年1月17日に発表した。同報告書は、国際エネルギー機関(IEA)による燃料価格の予想並びにドイツ政府が発表した再生可能エネルギーの拡充目標を根拠としている。

2010年2月1日

続きを読む...

欧州のエネルギー供給の将来は北海に

欧州諸国が「北海沿岸諸国オフショア・グリッド・イニシアティブ」を結成

2010年1月6日

続きを読む...

ドイツ環境法典編纂の現状

2009年制定目標の環境法典 (Umweltgesetzbuch) は、全5編から成り、環境法典に基づく事業に関る法令や、環境監視員法令が同法典に盛り込まれている。次政権では、環境関連法規がさらに組み込まれる予定である。以前の草案では再生可能エネルギー法も第VI編として盛り込まれていたが、最終案には含まれていない。

2009年12月30日

続きを読む...

太陽光発電施設の設置容量をコントロールするための回廊

改正再生可能エネルギー法では、今後の太陽光発電施設の設置において一定の枠が設けられ、年間の設置容量を把握しながら逓減率を引き上げたり、引き下げたりされるようになった。

2009年9月13日

続きを読む...

EU指令の国内法制化指標−トランスポジション・デフィシット

EU加盟国は、EU指令を所定の期間内に国内法制化しなくてはならないが、この状況を示したものがトランスポジション・デフィシットと称される指標である。

2009年9月9日

続きを読む...