Personal tools
You are here: ホーム ニュース

ニュース

ヨーロッパの最新情報等をご紹介します。

再生可能エネルギー法 (EEG) – EU 競争法に抵触か –

EU 委員会はドイツの再生可能エネルギー法 (Erneuerbare Energie Gesetz) が、EU 競争法に抵触しているとして本格的な調査に踏み切ると発表した。売上高に対する電力コストの割合が高い、いわゆるエネルギー集約型企業に対する例外措置が、その対象となっていた企業に不当な競争優位を付与していたとするものである。ドイツ企業は、数十億ユーロにのぼる追徴金支払いを迫られる可能性がある。

2013年7月30日

続きを読む...

EU新方針、原子力への追い風とドイツへの向かい風

EU 委員会は、域内の原発建設、原発運営への補助金等の支援強化を行う方針を発表した。原発事業者にとって追い風となるこれらの方針は、ドイツのエネルギー転換および世界の電力地図に大きな影響を与えることが予想される。

2013年7月24日

続きを読む...

欧州における代理商の存在と役割−販路開拓の手掛かりとなるか (その2)

代理商の利用は、外国市場への新規参入・販路拡大を模索する企業にとって、一つの有力な選択肢になりうる。そして、自身に合った代理商と適切な形で契約をかわすことが、将来的なビジネスの成功に向けて大変重要となるのはいうまでも無いだろう。つまり、代理商を探すプロセスは、ある程度のコスト・時間・努力を必要とするものであると言える。以下では、ドイツにおいて、どのように代理商とコンタクトをとり、代理契約を締結するかについて少しばかり説明したい。

2013年7月17日

続きを読む...

欧州における代理商の存在と役割−販路開拓の手掛かりとなるか (その1)

外国市場に新規参入し、販路を開拓・拡大する手段は多岐に渡り、その中から企業がどの方策を採用するかは、その企業とそれが売り出す商品の関連市場における状況に大きく左右される。

2013年7月16日

続きを読む...

2013年6月のドイツ大洪水−2002年以降の洪水対策と市民運動

中部ヨーロッパに甚大な被害をもたらした2002年8月洪水以来、ドイツでは、様々な治水事業、法改正に向けた努力がされてきた。ことザクセン州においては、実に1000以上の具体的な施策を包含した、47の洪水防御構想が策定された。

2013年6月29日

続きを読む...

気候変動に対する海岸堤防の嵩上げ対策

シュレースヴィッヒ=ホルシュタイン州は気候変動に向けて対策を予定。州を高潮から守るため、北海やバルト海、並びにエルベ川河口地域における海岸堤防がここ数年にかけて強化される。その為、連邦、州およびEUは約2億ユーロ (約230億円)を投入予定。

2013年1月14日

続きを読む...

ZÜRS public.de がザクセン州でスタート

ドイツで初めての試みである洪水リスク評価のネットによる公開が、パイロットプロジェクトとしてザクセン州を例にスタートした。このプロジェクトでは市民が住んでいる地域はどの程度洪水の危険にさらされているかインターネットを使って調べることができる。

2013年1月10日

続きを読む...

連邦上級官庁ネットワーク”脆弱性”の創設

“ネットワーク脆弱性”は、連邦上級官庁のネットワークとして、ドイツが地球温暖化現象に対して如何に脆弱であるかを示す全体像の把握を目的として創設されたサイトである。

2012年9月20日

続きを読む...

ドイツ滞在許可 ブルーカード法の可決

連邦参議院においてブルーカード法が2012年5月11日に可決され、8月1日より発効しました。

2012年9月5日

続きを読む...

大阪ビジネスサポートデスク − 欧州拠点 −

弊社は大阪府商工労働部商工振興室経済交流促進課 国際ビジネス交流グループの委託により本年4月より大阪ビジネスサポートデスク”欧州拠点”を運営することになりました。

2012年8月17日

続きを読む...