Personal tools
You are here: ホーム ニュース

ニュース

ヨーロッパの最新情報等をご紹介します。

太陽光発電システム導入支援の縮小

ドイツにおける太陽光発電システム導入の支援が2010年7月より縮小された。連邦参議院と連邦議会間の妥協案によると、太陽光発電システムによって発電された電力を系統へ逆潮流した際のFIT(固定買取価格)は、遡及して7月1日より8 %、若しくは13%減額されることになった。

2010年8月11日

続きを読む...

エネルギー目標2050年;再生可能エネルギーによる100%の電力供給

連邦環境庁が発表した最新の調査結果によると、再生可能エネルギーによる100%の電力供給は現実的であると報告されている。

2010年8月2日

続きを読む...

ドイツ政府の原子力発電所稼動期間延長、判断は初秋の見込み

原子力発電所の稼動期間延長に関する政府の判断は、9月まで延期となりそうだ。与党のキリスト教民主同盟(CDU)のグレーエ幹事長とキリスト教社会同盟 (CSU)フリートリッヒ連邦議会会派代表が15日に明らかにした。その理由は7月に予定されていた専門家鑑定書の完成が8月末になるというもの。

2010年6月16日

続きを読む...

複雑化するPV電力のFITと逓減率

太陽光発電パネルのモジュール価格低下に伴い、PV電力は過剰支援されているという議論を基に見直しされたFITが2010年7月1日から適用されるが、年間の設置容量に対する新たな幅(回廊)も設定された(図1)。

2010年6月7日

続きを読む...

ドイツ再生可能エネルギー法 – 10年の歴史

ドイツの再生可能エネルギー法(REL)が施行されて2010年4月で10年が経過した。その間、何度も改正されており、本年5月6日には、連邦議会にて新たに一部の改正が決議され7月1日に施行される。

2010年6月4日

続きを読む...

世界最大級のバイオガス施設の危機?

NAWARO Bioenergie 社は、メクレンブルク=フォアポンメルン州のポーランド国境に近い町ペンクンの近郊に世界最大のバイオガス施設を建設した。

2010年5月21日

続きを読む...

PV電力の自家消費に対する清算方法

ドイツの再生可能エネルギー法 (REL) では2009年1月1日よりPV電力を自家消費した場合にでも固定価格買取制度 (FIT) が適用される。その際の清算方法を以下に記す。

2010年5月21日

続きを読む...

バイオガスで発電した電力の固定価格買取制度

ドイツのREL法によるとバイオガスによって発電された電力のFIT(固定価格買取)および各種ボーナスは、下記の表の通りで、毎年それぞれ1 % 低減する(逓減率1%)。

2010年5月10日

続きを読む...

PV電力の新たなFITと自家消費に伴う問題点

2010年3月ドイツ政府により閣議決定された改正再生可能エネルギー法 (REL) が7月1日の施行を目指し最終調整されている。今のところ、現行のPV電力(太陽電池による電力)において系統へ売電する場合の価格(FIT)が引き下げられる一方、PV電力を発電者が自家消費した場合のインセンティブが高められる予定である。

2010年5月10日

続きを読む...

バイオ燃料割当率の変更 – 2009年~2014年

ドイツ連邦議会は、連邦政府の2008年12月1日付法案を環境委員会による2009年3月25日の改善提案を盛り込み2009年4月23日に承認した。同年6 月18日には、連邦参議院からの異議申し立てが却下された。同法律は間もなく公開される予定である

2010年5月7日

続きを読む...